血管年齢を若くする玉ねぎケルセチン

血管年齢を若くする食べ物!玉ねぎ

テレビをみていたら、秋におすすめの野菜が紹介されていました。

 

その中で

 

玉ねぎが血管年齢を若返らせる

 

と紹介されていました。
玉ねぎの血管年齢を若返らせる効果を紹介します。

 

 

たまねぎは定番の野菜ですね。
カレーや、ミートソースあたりには必須ですね。

 

 

 

 

玉ねぎのケルセチンが血管年齢を若返らせる

玉ねぎにはケルセチンが配合されています。
これによって、血管年齢が若くなるとされています。

 

 

ケルセチンのサプリをみても、血液をさらさらにさせると言われています。
ケルセチンによって、血管年齢が若くなるというのは有名なんですね。

 

 

玉ねぎが血管年齢を若返らせる。
それは玉ねぎに配合されているケルセチンの効果。

 

つまり大事なのは玉ねぎを食べることではなく

 

ケルセチンの摂取

 

ということなんです。
血管年齢を若返らせるためにはケルセチンを摂取すればいいんです!

 

 

まぁそのケルセチンを含んでいる身近な食べ物が玉ねぎなわけです。
だから玉ねぎを食べればいいんです。

 

 

 

 

 

ケルセチンの商品を紹介!サプリや玉ねぎの皮

ケルセチンを配合した商品を見ていくと

  • ケルセチンサプリメント
  • 玉ねぎの皮
  • サントリーの緑茶 伊右衛門特茶

こういった商品が見つかります。

 

【ケルセチン関連商品一覧はこちら】
ケルセチン

 

サントリーの特茶はいいかもしれませんね。

 

トクホのお茶で、体脂肪を燃やす効果が明記されています。
でも、ケルセチンを配合しているので血管年齢を若くする効果も期待できます。

 

 

 

ただ特茶が血管年齢を若くするのではなく、特茶に配合されたケルセチンに血管年齢を若くする効果が期待できるわけです。
特茶はケルセチンを配合した飲み物の1つということなんです。

 

大事なのはケルセチンの摂取です。
ケルセチンが血管年齢を若返らせるんです!

 

そこをお忘れなく。

 

 

まぁ玉ねぎがやっぱり一番楽だと思います。
玉ねぎを使う料理といえば、カレーとか牛丼とか、肉じゃがとかかな。

 

玉ねぎって脇役なイメージがありますね。
玉ねぎが主役な料理ってネペ夫は食べたことがない気がします。

 

まぁ豚丼が一番いいのかな。
豚肉と玉ねぎを焼いて、そこにタレをぶっかけるだけですからね。

 

 

あ、店屋の豚丼とか玉ねぎつかわれていないものもありますね。

 

さらに豚丼は豚肉や甘めのタレで血管年齢があがりそうだからダメか。
血管年齢が下がりそうな、いい玉ねぎの食べ方って思いつかないような。

 

 

 

ケルセチンは体脂肪を燃やす!他にもアレルギー抑制、抗酸化作用がある

ただ特茶がケルセチンで体脂肪を減らすというのなら、ケルセチンを配合した玉ねぎには、体脂肪を減らす効果も期待できることになりますよね。
ケルセチンは血管年齢を若返らせる効果以外にも、健康にいい効果がいろいろあります。

 

ケルセチンはアレルギー抑制効果があるとされています。
他にも抗酸化作用もあります。

 

抗酸化作用がある点と血管年齢を若返らせる効果というのは、近いように感じます。
年齢が気になる人にケルセチンをおすすめします。

 

 

 

 

 

まとめ!血管年齢を若くするケルセチンを摂取しよう!

このサイトでは血管年齢を若くする年齢ペプチドと、年齢ペプチドを配合したしなやかケアを紹介しています。

 

 

でも血管年齢を若くする方法は、年齢ペプチドだけではありません。

 

 

玉ねぎに配合されているケルセチンが血管年齢を若返らせる効果がある。
そしてケルセチンは玉ねぎ以外にも、配合されている商品があります。

 

玉ねぎを毎日食べるというのは困難でしょうから。
サプリメントや、サントリーの特茶も気が向いたら購入してはいかがでしょうか。

 

 

ただこれはあくまで食べ物で血管年齢を若くする方法です。
運動やバランスのいい食事も重要です。
逆に運動不足や偏った食事は血管年齢を老けさせます。

 

まぁやっぱり食べ物で血管年齢をどうするのか考えるより、運動したほうがいいですね。
まったく運動していない人は、1日5分でもいいから外にでて、ぶらぶら散歩でもしてみてください。

 

 

血液ドロドロっていうのは、動脈硬化の危険があるのでどうにかすべきです。

 

でも自分の血液がドロドロなのか、さらさらなのか。
そんなのはわからないですよね。

 

 

だからこそ、血圧なんていうものがあるわけです。
血圧というのは、もう聞きなれてしまっていて、それ以外考えられないかもしれませんけど。

 

その文字の通り
【血管にかかっている圧力】
のことなんです。

 

血液がドロドロなら、それだけ血管に圧力がかかっているわけです。
いや、たぶんですけど。

 

 

そんな感じで。
血液サラサラなのか、血液ドロドロなのか。
それを知るには、血圧を測るのがいいと思います。

 

 

むしろ血圧っていうのは、もっとそういうのをアピールすべきだと思いますよ。
血圧が正常値でも、それが当然みたいな感じで。
血圧が高いと
「危険!」
ってなっていて、それだと血圧が高い人しか興味がでないでしょ。

 

 

でも血圧が正常値だと
「血液サラサラ」
と言ってあげると、血圧が正常値な人もうれしくなると思うんです。

 

いや、実際血圧が正常値でも、血液がドロドロの人もいるかもしれませんけどね。