年齢ペプチドは副作用があるか?ラクトトリペプチドの影響

どうもネペ夫です

 

どうもネペ夫です。

 

副作用って名前からして嫌ですよね。
でも副作用と言っても、実際はどんな症状がでるのかはわかりません。

 

 

おそらく予期しない悪い症状のことを副作用というのだと思いますが

 

相性が悪く体にあらわれる症状と、副作用の違い

 

というのは、かなり曖昧です。

 

 

たとえば、とあるサプリメントを飲んで、下痢になったとする
飲んだ人「副作用だ!」
メーカー「相性が悪かったようですね」
人によって、副作用なのか、相性が悪いだけだったのか、とらえ方は違います。

 

 

中国産の食べ物は、普通に食べれるはずです。
たとえば、中国産のうなぎを食べたとしても、うなぎ自体には副作用はありません。

 

いや、うなぎはビタミンAを含んでいるので、ビタミンAの過剰摂取は副作用につながるのですけどね。
少なくとも食べ過ぎなければ副作用は基本ありません。

 

 

うなぎ自体には副作用はありませんが、「中国産のうなぎ」と聞くと、不安に思う人もいると思います。

 

おなじうなぎでも、国産のうなぎなら安全。
中国産のうなぎなら危険。

 

同じものなのに産地によって安全なのか、危険なのか、イメージは変わるわけです。

 

 

そう考えると

 

絶対に安全なんていうものはない

 

というか、副作用がなくても危険に思う人がいるわけです。
年齢ペプチドに副作用があるのかないのかは、これから考えるわけですが

 

100%安全なんてものはない

 

と考えたほうがいいです。

 

 

マクドナルドだって、ハンバーガーは危険ではない食べ物のはず。
それが異物混入していたりで危険な食べ物なイメージが強くなりました。

 

 

 

 

 

年齢ペプチドはアミノ酸!アミノ酸に副作用はあるのか?

年齢ペプチドというのは、実はアミノ酸がつながったものです。
ペプチドというのはアミノ酸の結合体なんです。

 

 

つまり、年齢ペプチドの副作用は

 

アミノ酸の副作用を考えるとみえてくる

 

とネペ夫は勝手にそう思っています。

 

 

さっそくアミノ酸の副作用を調べてきます!!
ダッシュで行ってきますから、少し待っていてください!!

 

はいはいはいはい!
調べてきましたよ!

 

 

アミノ酸の副作用についてですけど

 

アミノ酸には副作用はほとんどない

 

ということです。

 

セーフ!
年齢ペプチドセーフ!!

 

 

ただ、アミノ酸の過剰摂取は

 

腎臓や肝臓の負担になる

 

と言われています。
妊娠中の人や腎臓や肝臓の状態がよくない人は、アミノ酸の過剰摂取は危険です。

 

そう聞くとほぼ副作用みたいなものですよね。
このやろー!
安全なのか、副作用があるのかはっきりしろ!!

 

アミノ酸は副作用はないが、過剰摂取は危険

 

そういうことになりそうです。

 

でもどんな食べ物も食べすぎ飲みすぎは基本体に毒です。
そう考えると、アミノ酸は基本副作用はないと考えられます。

 

年齢ペプチドも安全性の高い成分だと考えられます。

 

 

アミノ酸がつながったものである年齢ペプチドも、過剰摂取をしなければ大丈夫だといえそうです。
あくまでネペ夫の考えですけど。

 

この世に100%安全なものなんてありません。
どんなものでも食べ過ぎたら、体にはよくないですから。

 

 

 

 

 

年齢ペプチドはラクトトリペプチドなゆえに副作用の心配が少ない

年齢ペプチドの正式名称はラクトトリペプチドです。

 

 

このラクトトリペプチドを配合した商品にアミールSがあります。

 

 

アミールSはトクホの血圧対策飲料として、長いこと飲まれている商品です。

 

アミールSは1997年7月7日に発売された商品

 

です。

 

それだけ長いことアミールSを飲んで、ラクトトリペプチドを摂取してきた歴史や人がいます。
長くラクトトリペプチドを摂取している人がいる以上、年齢ペプチドの副作用はほぼ大丈夫だと思います。

 

もし副作用があるのなら、アミールSを飲んでいた人が、いろいろ副作用について語っているはずです。

 

 

年齢ペプチドを配合したサプリのしなやかケアの口コミは少ないです。
でも、ラクトトリペプチドを配合した、アミールSの口コミはそれなりにあります。

 

口コミが多いというのは、それだけ飲んでいる人も多いということです。
多くの人が飲んでいるとわかれば、安全に感じます。

 

 

 

 

 

咳がでる可能性がある?

ただしなやかケアやアミールSの注意書きを見ると
「体質によっては咳がでることがあります」
と書かれているんですよね。

 

 

 

なので年齢ペプチドも同様に
【相性次第では咳がでる可能性】
があると言えます。

 

これが副作用といえるのかはわかりませんが。
覚えておいて損はないと思います。

 

 

ちなみにサントリーの血圧対策飲料の胡麻麦茶。
胡麻麦茶には胡麻ペプチドが配合されていますが、これにも体質により咳がでる可能性が書かれています。

 

 

 

なので、ラクトトリペプチド(年齢ペプチド)に限らず。
○○ペプチドという名前のものは、相性によっては咳がでると覚えておいたほうがいいかもしれません。

 

すべてのペプチドに咳がでる可能性があるというわけでもないようですが…。
どうも血圧に有効なペプチドは体質によっては咳がでることがあるようです。

 

 

アミールや胡麻麦茶で
「咳がでました」
なんていう口コミや評判は見たことがないので。

 

実際に咳が出る人なんて、本当にごく一部なんだと思いますけどねぇ。

 

 

年齢ペプチドを多くの人が摂取しても、特に副作用が指摘されたこともありません。

 

多くの人が毒見してくれた!!

 

これは安心感があります。
これでいまさら年齢ペプチド(ラクトトリペプチド)に副作用が見つかったのなら、逆に大変なことになります。

 

いままで血圧を下げるためにアミールSを飲んでいた人たちは怒るでしょうね。

 

 

○○ペプチド系って、あまり悪い評判がでないと思います。
まぁペプチドってアミノ酸の結合体ですしね。

 

 

 

 

年齢ペプチドの副作用まとめ

 

年齢ペプチドには副作用があるのか?

 

1.アミノ酸の過剰摂取は腎臓や肝臓に負担がかかる。
なので年齢ペプチドの過剰摂取は控えたい

 

2.年齢ペプチド(ラクトトリペプチド)を配合したアミールSを、もうずいぶんと前から飲んでいる人も多い。
沢山の人が長いこと年齢ペプチドを摂取している点で、安全性は高い

 

3.体質によっては咳がでるかも

 

 

結論としては、年齢ペプチドには副作用はありません。

 

ただ年齢ペプチドを配合した製品は、目安を守って食べたり飲んだりしたほうがよさそうです。
沢山年齢ペプチドを摂取すれば、それだけ効果が高くなるわけでもないですし。

 

 

後は咳がでるようなら、飲むのをやめたほうがよさそうです。
ペプチド摂取で咳がでる可能性があると明記されていますから。

 

ただしなやかケアやアミールを飲んで、咳がでた系の口コミや評判は見たことがないです。
むしろ下痢になったりする人のほうが多いのでは…。

 

サプリメントや飲み物を飲むと下痢になる人がいますからね。
年齢ペプチドのせいではないと思いますが、年齢ペプチドを摂取するためにはサプリ(粒)や飲み物を飲む必要がありますから。
年齢ペプチド以外の原材料で、体に異常がでる人もいるかもしれません。