年齢ペプチドを含む食品食べ物

年齢ペプチドを含む食品や食べ物を考える

 

どうも、ネペ夫です。

 

 

どうやら年齢ペプチドには興味はあっても、カルピス社から販売されている

  • アミールS
  • しなやかケア

これらの年齢ペプチド(ラクトトリペプチド)を配合している商品を、購入しようという気がでない人もいるようです。

 

 

 

なので
「年齢ペプチドを配合した食品を食べたい!」
という人が結構いるみたいです。

 

ただこれについてはネットで多くのデマ情報があふれています。

 

今回はネペ夫が、年齢ペプチドを含む食品や食べ物を紹介します。

 

 

 

 

そもそも年齢ペプチドとはなんなのか?

 

そもそも年齢ペプチドとはどのようなものなのか?
年齢ペプチドの名づけ親はカルピス社です。

 

これは昔からある成分(栄養素)ではないです。
つい最近カルピス社がラクトトリペプチドの別名に「年齢ペプチド」という名前をつけたんです。

 

 

最近は「血管年齢」という言葉はよく見かけます。
血管年齢は誰が名づけたのか知りませんけど、一般的に使われている言葉です。

 

 

でも、「年齢ペプチド」というのはカルピス社が作った造語です。

 

年齢ペプチドとは、ラクトトリペプチドのことです。
年齢ペプチドになって急に注目をあつめました。

 

 

例を出すのなら、最近テレビで大活躍の芸人「くりぃむしちゅー」。
「くりぃむしちゅー」の前の芸名は「海砂利水魚」でした。

 

でも海砂利水魚のときはあまりテレビに出演していませんでした。
なので急に「くりぃむしちゅー」がテレビにばんばんではじめて
「新しい芸人さんかな?」
と思った人もいたかもしれません。

 

 

「海砂利水魚(ラクトトリペプチド)」が「くりぃむしちゅー(年齢ペプチド)」と名前を変えて、急に注目を集めたようなものなんです。

 

用はカルピス社が「ラクトトリペプチド⇒年齢ペプチド」に名前を変えたわけですね。
なぜ名前を変えた(別名をつけた)のかはわかりません。

 

 

ただ名前を変えることで、注目度はアップしました。
カルピス社が名前を変えた(別名をつけた)ことは、成功したと思います。

 

 

つまり年齢ペプチドを含む製品というのは、ラクトトリペプチドを含む製品ということになります。
ラクトトリペプチドは、カルピス社がカルピス酸乳からカルピスを作る過程で見つかったペプチドです。

 

なので、年齢ペプチドを含む食品というのは一般には考えられないことになります。

 

 

単純にいえば、年齢ペプチドって一般的に使われているように感じますが。
使っているのは、カルピス社だけってわけですね。
カルピス社がラクトトリペプチドの別名として、年齢ペプチドって名前をつけたわけです。

 

 

 

 

 

年齢ペプチドは乳酸菌ではなくアミノ酸の結合体

一部のネットでは
「年齢ペプチドは乳酸菌です」
と言っている人がいます。
これは間違いです。

 

おそらく
「(飲む)カルピスを作る過程で見つかったものが年齢ペプチド」
と聞いて、乳酸菌だと勘違いしたのだと思います。
カルピスは乳酸菌飲料ですから。

 

 

年齢ペプチドは、カルピス社がカルピス酸乳からカルピスを作る過程で見つかったアミノ酸の結合体(ペプチド)のことです。
飲むカルピス自体には、年齢ペプチドは配合されていないので注意してください。

 

 

年齢ペプチドはアミノ酸が結合したものです。

 

カルピス酸乳から、カルピスを作るときにアミノ酸が結合したもの。
それが年齢ペプチド(ラクトトリペプチド)です。

 

3つのアミノ酸。

  • バリン
  • プロリン
  • イソロイシン

この3つのアミノ酸が結合したもの。
それが年齢ペプチドなんです。

 

 

これは書いても多くの人が「???」と思うと思いますが

  • VPP(バリン-プロリン-プロリン)
  • IPP(イソロイシン-プロリン-プロリン)

このような結合をしたのが年齢ペプチドです。

 

自分もよく意味がわからないので安心してください!
深く考えず、アミノ酸が結合したものが年齢ペプチドだと覚えておけば十分かと。

 

 

詳しくはこちらのサイト様がわかりやすいです。

 

【年齢ペプチドについて紹介したサイト】
年齢ペプチドの驚くべき力

 

 

おそらく年齢ペプチドを乳酸菌だと勘違いした人は、このサイトの図をみて勘違いしたのかと思われます。

 

牛乳をカルピス社独自の乳酸菌で醗酵させる(カルピス酸乳)ことによって生まれたアミノ酸の結合体が年齢ペプチドです。
ややこしいので、間違えるのもしょうがないかもしれません。

 

 

年齢ペプチドを生成できるのはカルピス社だけだと言えます。
そもそも自社で生成したペプチドに年齢ペプチドという名前をつけたのもカルピス社です。

 

年齢ペプチドを摂取するのなら、カルピス社の製品にしか配合されないかと思います。
ただカルピス社ってアサヒに買収されたんですよね。

 

なのでもしかしたら、アサヒのメーカーの製品にも年齢ペプチドを配合した製品がでてくるかもしれません。
2017年現在はアサヒの製品で年齢ペプチドを配合した製品はありませんけどね。

 

 

まとめると

 

年齢ペプチドは3種類のアミノ酸が結合したもの(ペプチド)

 

です。

 

 

1つ1つアミノ酸を配合した食品はあります。
でも、3種類のアミノ酸が結合したものは、カルピス社の商品にしか配合されていません。

 

それが年齢ペプチドなんです。

 

 

 

 

 

バリン、プロリン、イソロイシンを配合した食品を紹介

まず注意してほしいのが、バリン、プロリン、イソロイシンを摂取しても年齢ペプチドにはなりません。
年齢ペプチドはあくまでバリン、プロリン、イソロイシンが結合したものです。

 

でも年齢ペプチドをつくりあげているのは、バリン、プロリン、イソロイシンというアミノ酸であることは事実です。
バリン、プロリン、イソロイシンというアミノ酸は、年齢ペプチドではありません。
でも年齢ペプチドに近いものと考えていいと思います。

 

 

ではバリンプロリンイソロイシンを配合した食品にはどのようなものがあるか紹介します。

 

・バリンを配合した食品

  • レバー
  • 脱脂粉乳
  • プロセスチーズ
  • 落花生

 

・プロリンを配合した食品

  • 豚肉
  • ゼリー
  • マシュマロ
  • 焼き麩
  • 湯葉
  • 高野豆腐

 

・イソロイシンを配合した食品

  • 鶏肉
  • 牛乳
  • プロセスチーズ

 

あくまでこれらはバリン、プロリン、イソロイシンを含んでいる食品です。
もちろん他にもいろいろな食べ物にアミノ酸が配合されています。

 

バリン、プロリン、イソロイシンを配合している食べ物を食べれば年齢ペプチドと同等の効果があるわけではありません。
年齢ペプチドはバリン、プロリン、イソロイシンが、独特の結合体をしたものです。

 

 

ただアミノ酸の摂取が無駄とは限りません。
バリン、プロリン、イソロイシンのアミノ酸は、単独でも健康に良い効果があります。

 

 

例を出すと日本には納豆があります。

 

 

納豆は健康にいいとされています。

 

じゃあ納豆の原材料である大豆を食べても納豆と同等の健康効果があるのか?
というとそういうわけではないですよね。

 

納豆は大豆を醗酵させた食べ物であり、醗酵したことで健康効果がさらに高くなっていると考えらます。
菌の力ですね。

 

むしろ納豆と大豆を同じものだと考えている人のほうが少ない気がします。

 

 

たしかに大豆も健康にいいとされています。
でも納豆と大豆の健康効果は違うわけです。

 

年齢ペプチドにあたるのは納豆。
バリン、プロリン、イソロイシンのアミノ酸にあたるのは大豆。

 

そう考えるとわかりやすいかな。
ちょっと違うかなぁ!?

 

 

 

 

 

年齢ペプチドではなく、それぞれのアミノ酸単体でも効果はある!

 

年齢ペプチドが血管年齢を若返らせるといわれています。
そのため、年齢ペプチドにこだわる人が多いです。

 

でもバリン、プロリン、イソロイシンというアミノ酸1つ1つを単独に摂取しても、健康に良い効果はあります。

 

バリンの効果⇒筋肉強化・肌のハリを保つ
プロリンの効果⇒関節痛対策・美肌効果・肥満防止
イソロイシンの効果⇒疲労回復・成長を促進・肝機能を高める・美肌効果

 

年齢ペプチドというのは、カルピス社が見つけ出した成分ですから、カルピス社は年齢ペプチドをおすすめします。

 

でも、年齢ペプチドを作り出しているアミノ酸1つ1つの効果をみても、健康にいい効果があるのがわかります。

 

 

年齢ペプチドにこだわる必要はないのかもしれません。
年齢ペプチドとは違いますが、アミノ酸1つ1つに健康に良い効果が期待できます。

 

血管年齢を若返らせる効果はバリン・プロリン・イソロイシンの単体では評判になってはいません。
でも血管年齢を若返らせる以外の効果ならいろいろとあげられています。

 

バリン、プロリン、イソロイシンを摂取してみるのも悪くないと思います。

 

 

大事なのは年齢ペプチドを摂取することではありません。
血管年齢を若返らせることです。

 

年齢ペプチドを摂取しても、血管年齢が若返らない可能性もあります。
本質を見失わないようにしたいところです。

 

 

年齢ペプチドっていかにも血管年齢によさそうな名前ですが。
年齢ペプチドを摂取しても、血管年齢が確実に若返るっていうわけでもないです。

 

今ではおいしい牛乳という名前の牛乳って結構見かけますけど。
おいしい牛乳という牛乳を飲んで、おいしいと感じる人もいれば
「私はもっとおいしい牛乳を知っている!」
という人もいると思います。

 

 

ただ人間いかにもっぽい名前に弱いですからね…。
年齢ペプチドの説明を見ても血管年齢によさそうなことが書かれているので。

 

そりゃー血管年齢が気になる人は、年齢ペプチドに興味がでますよね。

 

 

 

 

 

血管年齢を若返らせたい人は年齢ペプチドにこだわらない

 

年齢ペプチドに求めている効果が血管年齢を若くする効果の人もいると思います。
そういう人は年齢ペプチドのアミノ酸バリン、プロリン、イソロイシンにこだわらず、血管年齢を若返らせる食べ物を食べれるのをおすすめします。

 

有名な話では
「たまねぎを食べると血液がサラサラになる」
と言いますよね。

 

 

大事なことは年齢ペプチドの摂取ではないです。
年齢ペプチドの血管年齢を若返らせる効果を得たいのなら、血管年齢を若返らせる効果のある食品を探せばいいんです。

 

年齢ペプチドだけが血管年齢を若返らせることができるわけではありません。
運動も血管年齢を若返らせるのにとても大事なことですよ。

 

 

人間どうしても、大きくアピールされているものに目が行ってしまいます。
でも、大事なことは身近なところにあったりします。
そして大事なことほど、人生の最初のほうに教わっていたりするものなんです。

 

人間って
「最近新たな研究によって、さらなる効果が見つかりました!」
というものに弱いですよね。

 

 

 

食事よりも運動を

血管年齢を若返らせたいのなら、食事も重要だと思いますが。
それ以上に、体を動かすことが大事でしょ…。

 

 

体を動かして、体をあたためることで血液サラサラにさせるというかな。
洗い物でも、冷たい水より、温かいお湯のほうが汚れがよく落ちますよね。

 

毎日適度な運動をして、体をあたためる。
そうすることで、血液サラサラにして血管年齢を若返らせることにつながると思います。

 

 

運動って大事ですよ。
人によっては
「運動するのはつらい」
って思う人もいるかもしれませんが。

 

それこそ固定観念な気がします。
体を動かすことって楽しいことなはずなんですよ。

 

でも、そういう運動をつらいようにさせている人や物事があるのだと思います。
子供のころは外で遊ぶのがおもしろかったのに。
体育の授業なんかで、みんなでいろいろさせたりしてから、どうもつまらなくなった気がします。

 

体を動かすって自由なはずなのに。
運動神経があーだこーだになっているのが悪い気がしますねぇ。

 

 

自分は集団で走ったりするのは嫌いですけど。
1人で自由に走るのは好きだったりするので、夜にジョギングをしたりしています。

 

血管年齢が高い人は、走るのはちょっと危険な可能性があるので。
ウォーキングから始めるのをおすすめします。

 

 

たしかに家でテレビをみながら、ものを食べるっていうのも至福な時間ですけど。
体を動かすのも悪くないですよ。

 

そういう体を動かすのが楽しいと思えるようになれば。
血管年齢も自然と若くなっていくように思います。

 

 

 

 

 

年齢ペプチドを含む食品はない

いろいろ書きましたけど。
年齢ペプチドを含む食品はありません。

 

なので、カルピス社の製品を買う必要があります。

  • アミール(ラクトトリペプチド表示)
  • しなやかケア
  • ラクトウェル(ラクトトリペプチド表示)

このカルピス社の製品どれかを買う必要があるわけです。

 

 

そもそもカルピス社がここまで年齢ペプチドをアピールする理由は。
自社製品を買ってほしいからであって。

 

簡単に食品から年齢ペプチドをとれるのなら。
どうにもならないですよね…。

 

 

こう聞くと
「ずるい!」
って思う人もいるかもしれませんけど。

 

ヤクルトだって、乳酸菌シロタ株を含んだヤクルトを売りたいから。
乳酸菌シロタ株の研究結果などを発表しているわけで。
普通そういうものです。

 

 

なので年齢ペプチドをとりたいのなら。
カルピス社の製品を買う必要があります。

 

 

ただ血管年齢を若返らせたいのなら。
年齢ペプチド以外にも、いろいろと方法があるので。

 

さっきも書きましたけど、年齢ペプチド以外の方法でどうにかするのもいいと思います。
特に運動は必須だと思うので…。

 

 

年齢ペプチドをとったとしても、運動をしないとどうにもならないような…。
いや、人間体を動かさないと、血液ドロドロになってしまうでしょ…。
だから運動は必須な気がするなぁ。

 

 

おそらく年齢ペプチドに興味を持つ人の多くは、血管年齢を若返らせたいと思うので。
もしそうなら、適度な運動を続けることが重要だと思います。

 

しなやかケアを買うお金がもったいないと思ったのなら。
今日から適度な運動をすればいいかと。
血管年齢だけではなく、適度な運動をするっていうのは大事なことですし。