年齢ペプチドで狭心症対策

年齢ペプチドで狭心症対策

年齢ペプチドは血管年齢を若返らせるとされています。
それを考えると、狭心症対策にも可能性を感じられてます。

 

 

ただ、そんなことを言っていたら、血管年齢…。
まぁ動脈硬化の話ですね。

 

そういうことの関係ある物をあげていたら、くも膜下出血なんかもがんばれば、対策になりうると言えると思います。

 

なので、そこらへんはその人の判断ということになりそうです。

 

 

実際のところ、血圧っていうのも多くの人は数値で
「高い低い」
って言っていますけど。

 

血管に圧力がかかっていると思ったら、かなり怖いですよね。
血管がぐぐぐぐぐっとつぶされそうになっているというかな、そういうイメージをしたら怖くなります。

 

動脈硬化っていうのは、そういう血管がつまるというか。
血圧が流れなくなるものなわけで、それをイメージすると恐ろしいですが。

 

 

血圧っていうのは、今では多くのところで当たり前のように言われていますし。
病院にいったら
「血圧を計りましょう」
な感じで軽い感じになっている気がするので。
どうしても、深刻に考えない人が多い気がしますね。

 

 

実際、動脈硬化が気になるのなら、普段から体を動かすというかな。
実際体を動かすと、汗を書くというか、体が熱くなりますよね。

 

洗い物をするときに、水とお湯。
どちらで洗ったほうが汚れがよく落ちるのかというと、間違いなくお湯だと思います。

 

その点からも、運動をして、体を温める…。
そうすることで、血液の流れがよくなるっていうのはあたりまえなことなわけですから。

 

よっぽど年齢ペプチドといったものより、確実性があると思います。

 

 

 

 

 

血管年齢を若返らせる年齢ペプチド

血管年齢を若返らせる年齢ペプチドですが。
決して薬ではなく、サポート的なものなので注意が必要です。

 

 

年齢ペプチドを配当したしなやかケアの口コミをみてみても
「効果がなかった」
と言っている人がいますけど、薬ではなくサポート的なものなので。
効果がない可能性のほうが高いと言えるのかもしれません。

 

用は
「玉ねぎ食べたけど、血管年齢はかわらなかった」
という人がいるのと似たような物だと思います。

 

【しなやかケアの口コミはこちら】
しなやかケア口コミ

 

ただ思うんですが。
玉ねぎを食べて、血管年齢が若返らなくて怒ったりする人はまずいないと思います。
というか、玉ねぎに怒っている人をあまりみたことがないというか、そんな変人いない気がします。

 

 

そういう玉ねぎと、年齢ペプチドの差っていうのは

  • 年齢ペプチドがサプリなどに配合されている
  • 玉ねぎは普通に食べ物

この違いな気がします。

 

どうしてもサプリなんかになると
「効果がないと意味がない」
って感じになるので、ハードルが高くなるというか。
求めている結果が高くなるのだと思います。

 

 

そう考えると、年齢ペプチドを配当したサプリを買う人は、求めているものが高いというか。
かなりせっぱつまった状況な可能性が高そうなため。
それを考えると、満足する結果を得られるのかどうかは、かなり厳しそうな気がしますね。

 

 

さっきも書きましたけど。
血管年齢を若返らせたいのなら、普段から軽く運動をすればいいと思うので。
まずはそれをして、それでも物足りないのなら、年齢ペプチドもいいと思います。

 

激しい運動は逆に危険なので、する必要がないわけで。
軽い運動なら、0より1のほうがいいに決まっているので。
まったくやっていない人でも、5分でもやったほうがいいに決まっています。

 

 

 

 

 

自分の体は自分で管理

狭心症は怖いです。
狭心症になりそうだと思ったのなら、それをどうにかしたいと思うのは当然のことです。

 

狭心症の対策としては

  • 飲酒は控える
  • 軽い運動をする
  • 激しい運動はNG
  • しっかりと睡眠時間を取る

こういうのがあります。

 

 

なので、年齢ペプチドよりもまずはこれらを心がけること。
これらをやった上で
「年齢ペプチドも試してみたい」
というのなら、年齢ペプチドもありだと思います。

 

でも普段の生活がよくないのに、年齢ペプチドをとったところで、改善される可能性は低いです。
なので優先順位をしっかりと見極めたいところです。

 

 

自分はずいぶん前から思っていますけど
{体にプラスのことをするより、体へマイナスのことを減らすほうが大事}
だと思っています。

 

体にいい食べ物を食べるより、タバコをやめたほうが何倍も体のためになると思っています。
まぁ、タバコを吸っていても長生きする人もいれば。
タバコを吸っていないのに、体調を崩す人もいますけど。
そういうのは遺伝の関係なのでしょうがないと思います。

 

 

体の改善を意識するのなら、まずは体にいいことをよりも
{体に悪いことをやめる}
これが重要です。
体に悪いことをやめたら、次に体にいいことを増やしていけばいいんです。

 

 

子供のころにおそわることは、大事だから教わるわけですよね。
早寝早起きなんて、大事だから教わることであって。
別にいじわるで子供に早寝早起きをさせようとしているわけではないんです。

 

他にも
「よく噛んで食べる」
というのは、早食いをやめることで、ずいぶんと体に変化が出る人も多いと思います。
どうしても大人になると、あまり噛まなくなるところがある気がしますね。
いや、子供もあまり噛まない気がしますけど。

 

 

よく噛んで食べるようになれば、少量でも満腹感がでますし。
細かくなるので、胃腸にも優しくなるはずです。
そういうことを心がけるほうが、体への対策になりうると思います。

 

狭心症対策は、狭心症にいいと言われることだけをやればいいのではなく。
根本的に、体にいいことを積み上げていくことで、多少は安心感がでると思います。

 

 

ただ人間の体は、どうなるのかはかなり遺伝の要素が大きいので。
どんなにがんばっても、ダメなときはダメな感じがありますけどね。
でも、それはしょうがないと思います。
遺伝…その点ばかりは覆すことは無理だと自分も思ったりしています。